これがハズレなし!賃貸の探しかた

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

不動産屋さんの役割とは?

物件を探したり契約したりする段階で、まずは不動産屋さんを探すことになります。
賃貸の情報収集をする際にも、仲介業者は強い味方になってくれるのですが、私たちが不動産屋さん、仲介業者と言っている業者には様々な種類があるのです。
まずは入居者募集から契約だけを仲介して行っている仲介専門の会社、これは貸主と借主の仲介料が収入源になります。
そして仲介と物件の管理の両方を行っている仲介・管理会社、仲介は外部に委託して物件の管理のみを行っている管理会社があります。
私たちが賃貸の情報を収集したり、物件の見学を申し込んだりするのは仲介業者、または仲介・管理会社になります。
管理だけを行う管理会社は、物件のメンテナンスや家賃の集金を行います。
管理会社が借主から集金した家賃は大家さんのところに行きますので、管理会社の収入にはなりません。
管理会社の収入源は大家さんからの管理手数料ということになります。
仲介業者が紹介してくれる物件は、市場に出回る賃貸物件全て、管理会社が紹介してくれる物件はその会社が管理している物件になります。
契約後は、何かトラブルがあったとき、管理会社と契約した場合は、そのまま管理会社が窓口になります。
仲介業者と契約した場合は、契約後のことは仲介業者では関与しないことが多いです。
仲介業者に物件を紹介してもらった場合、トラブルがあったときは、どこが窓口になってくれるのかを確認しておくことが大切です。
Copyright (C)2017これがハズレなし!賃貸の探しかた.All rights reserved.
Search