これがハズレなし!賃貸の探しかた

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

公共住宅の情報を収集するには?

賃貸物件は民間のものばかりではなく、公共の賃貸住宅があります。
その中でも県営、府営、市営の住宅は比較的、安価な家賃で住むことができる物件です。
同居者がいることが基本ですが、高齢者など、一定の条件を満たせば単身でも入居できます。
入居するには、一定の収入を超えてはいけないなどの収入制限や様々な条件があり、それをクリアしないと入居資格がありません。
地方自治体が運営するこれらの公営住宅の情報を知りたいときには、市役所や区役所などが窓口になっていることがありますので、役所を訪ねるか役所のホームページを見てみましょう。
またその他の独自の団体が運営する公共住宅もあります。
それらの住宅は公営住宅とは違い、収入の上限ではなく下限があり、ファミリー向けの住宅が多い傾向があります。
民間の住宅よりもゆったりとした造りになっていたり、家賃も同じ広さの民間のものと比べると安い傾向があり、長期にわたって待機しないと入居できない人気物件もあります。
このタイプの住宅は、その住宅が集まっている地域が一つの町のようになっているところがあります。
ショッピング施設や病院などが近くにあり、生活に便利であるということも人気の一つとなっています。
同じ賃貸の情報収集であっても、公共住宅の情報を収集するのは民間の物件の情報を収集する方法とは大きく異なります。
民間の仲介業者では公共住宅の情報を得ることは出来ません。
申込み時期が決まっているものも多いですので、注意して情報を得るようにしましょう。
Copyright (C)2017これがハズレなし!賃貸の探しかた.All rights reserved.
Search